月替りの短歌|京料理 だるまや|宮崎県都城市牟田町の京料理

お知らせ

2018.06.01 公開

月替りの短歌

皆様、こんにちは。

本日、御紹介致しますのは「月替りの短歌・水無月編」です。

店主の水無月は

【雨しのぐ  君に手渡し駆け出した  ずぶ濡れのシャツがやけに重くて】

と詠みました。

梅雨時期の雨は、どこかセンチメンタルな雰囲気を感じます。

他の時期には無いなんとも不思議な感覚です。

雨宿りをするあの人に傘を渡して、言葉も交わさずに立ち去った青春時代。

濡れたシャツに何か特別な感情まで相まって、走る身体に纏わり付きます。

切なくも爽やかな、淡いけど鮮明な。

そんな風景を思い浮かべて詠みました。

皆様の梅雨で思い出される青春の1ページはどんなものですか?

»HOMEに戻る