花入れ|京料理 だるまや|宮崎県都城市牟田町の京料理

お知らせ

2018.05.12 公開

花入れ

皆様、こんにちは。

本日、御紹介致しますのは「花入れ」です。

当店では、四季折々に野花を生けています。

そんな時に大切な「花入れ」。

時に無性に作りたくなります。

青竹を炙り、油抜きをして日陰に数日間干した物を使用致します。

たいして器用ではございませんので、自己満足の世界ですね。

今回の「花入れ」には【臨(りん)と銘打ちました。

竹の一部を切り抜き、かの千利休が好んだ型を模しました。

(勿論、遠く及びませんが)

切り抜いた背に竹の節を残し、確かに生きていた竹の命を表現致しました。

そこに生命への執念や未練、成長への信念を寄せました。

私達「食」に携わる人間は、医療と同じで生命に直結した仕事をしています。

お客様は何の疑念も抱くこと無くお席にお座りになられます。

そのことの重要性を認識しなければなりません。

食材の生命を頂き調理し、お客様の生命へと繋がる。

食べることは生きることです。

「生命に臨む」

様々な形態のお店があります。

今一度、「食」について「生命」について立ち返るべきではないでしょうか。

 

»HOMEに戻る